毛穴の悩みを解放するブログ

スキンケア化粧品に入っていて欲しい5つの成分と+α

190421.jpg

スキンケアを選ぶときに、最低限入っていてほしい
5つの成分を取り上げてみました。



コラーゲン


コラーゲンは、皮膚の強化とハリをもたらしていますが、
加齢によって急激に減少することで、シワやたるみが
目立ちはじめるなど、肌が老化していきます。

化粧品に含まれているコラーゲンは、
コラーゲン自体を増やすわけではないですが、
保湿成分であり、荒れた肌を整えてくれます。



セラミド


皮膚の上層にある角質層では、セラミドと水分がきれいに
交わっていて、肌の保湿機能とバリア機能を維持していますが、
加齢によって減少していきます。

角質層は壊れやすく、セラミドの減少で角質層が乱れると、
ニキビ、乾燥、シワなどの肌トラブルの原因になります。

セラミドを補うことで、肌の保湿機能とバリア機能を
維持して美肌を保つことが期待できます。



ヒアルロン酸


ヒアルロン酸は、肌に弾力をもたらしていますが、
加齢によって減少していき、肌を乾燥させます。

化粧品に含まれているヒアルロン酸は、保水力がとても高く、
肌をなめらかに保護してうるおいを継続させてくれます。



ビタミンC誘導体


ビタミンCを化粧品用に使いやすくしたものが
ビタミンC誘導体で、肌への浸透性があります。

効果は、メラニン色素抑制によるシミやニキビ跡のケア、
美白、皮脂分泌抑制による黒ずみや開いた毛穴のケア、
抗炎症作用によるニキビのケア、抗酸化作用によるアンチエイジング、
ターンオーバーを整えてれるのでくすみの予防、
コラーゲンの生成を促進してキメとハリのある肌を作る、
といったことが期待できます。



プラセンタ


プラセンタは、豚や馬の胎盤から抽出したエキスで、
アミノ酸(ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、イソロイシン、
グリシン、アラニン、アルギニンなど)、ビタミン、ミネラル、
核酸、酵素などの栄養素が豊富に含まれています。

効果は、保湿、美白、シミやシワを軽減させる、
肌のサイクルを整える、皮脂量をコントーロールするなど、
多くのことが期待できます。



まとめ


他にも植物エキスなど美肌効果のある成分はいろいろありますが、
コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、
プラセンタは入っていて欲しいですね。

2019.04.21 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする

化粧水などのスキンケア製品は浴室に置いていいの?

190420.jpg

お風呂上がりにすぐに付けたい化粧水ですが、
浴室に置きっぱなしの人はいませんか。

それ、良くないです。 (・ε・`*)

浴室は温度や湿度が高いので、化粧水の成分が
劣化してしまう可能性があります。

それと、直射日光が当たる場所もスキンケアの
成分が変質してしまいます。

化粧品は日光の当たらない場所に保管して、
お風呂上がりはすぐに化粧水が使えるように、
手の届きやすい場所に置いておきましょう。


ところで、落ちにくいウォータープルーフのメイクをして、
オフする時には、どんなメイクも落とす強力なクレンジングを使い、
その後にまた洗顔をしていると、肌への負担が大きくなり、
乾燥や肌荒れの原因になります。

洗顔後に乾燥を感じてしまう人は、ダブル洗顔不要で
美容成分の入ったクレンジング↓がおすすめです。

赤ちゃんにも使える優しさ【ハレナ オーガニックホットクレンジングジェル】


クレンジング後も肌がしっとりしているので、
保湿するのを忘れそうになりますよ。

2019.04.20 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする

日焼け止めが嫌い?紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

190419.jpg

日焼け止めが嫌いという人の理由をみてみると、
塗ると肌荒れがする、かゆくなる、ベタベタする、
匂いが苦手、塗ってる感が嫌いというものがあります。

でもなぜ、日焼け止めで肌荒れなどが起こるのでしょうか。



紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い


日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。

紫外線吸収剤は、化学的に合成された成分が、
紫外線を吸収して化学変化を起こし、肌への影響を和らげます。

この化学反応や化学反応で起きた成分が、
アレルギーや刺激になることあるので、湿疹、肌が赤くなる、
肌荒れ、かゆみを感じることがあります。


紫外線散乱剤は、紫外線を肌の表面で散乱や反射させる成分です。
天然の成分を使ったものが多く、刺激が少ないのですが、
乾燥や白浮きしたり、汗で落ちやすいという点もあります。

しかし、最近のUV商品は開発が進んでいて、
伸びや肌への感触が良かったり、白浮きや汗にも強くなっています。

また、保湿成分が含まれているものもあって、乾燥しにくいなど、
肌に負担の少ないものが増えています。



日焼け止めを塗らないと老化する


肌の老化の80%は光老化といわれています。

適度に日光を浴びる必要はありますが、紫外線は、
コラーゲン、ケラチン、エラスチンなどにダメージを与えて、
シミ、シワ、たるみの原因になったり、ニキビを悪化させます。

若い時は気にならないかもしれませんが、
3年後、5年後、10年後の肌のためにも、
毎日の日焼け止めはかかさないようにしましょう。



おすすめの日焼け止め


190404.jpg

ナチュラグラッセ UVプロテクションベースは、
紫外線吸収剤は不使用で、天然由来の成分が、
紫外線だけではなく、ブルーライトや近赤外線の
3大光ダメージから肌を守ってくれるUV下地です。

みずみずしいテクスチャは肌なじみが良いカラーで、
少量でも均一によく伸びます。

白浮きの原因になる酸化チタンは、均一に分散されていて、
白浮きせずに自然な感じでトーンアップします。

また、皮脂、汗によるメイクの崩れを防いでくれて、
保湿成分が乾燥も防いでくれます。

厳選された植物原料は、オーガニック、ワイルドクラフトで、
ビリベリー葉エキス、米粉、ダイズ種子エキス、オリーブ果実油、
ホホバ種子油、ヒポファエラムノイデス果実油が、
うるおいとスキンケアの効果を与えてくれます。

健康的な肌だと、紫外線が内部に入りにくくなるので、
美容成分が79%もあるのは嬉しいですね。


UVプロテクションベースは、SPF50、PA+++で、
3つの光ダメージから肌を守ってくれます。

また、オフするときは、洗顔料や石けんでも落とせるので、
肌への負担が少なくなります。







まとめ


日焼け止めが嫌いという人でも、紫外線吸収剤が入っていない
日焼け止めを選ぶと刺激が少なくなると思います。

ナチュラグラッセ UVプロテクションベースは、
保湿成分配合で紫外線散乱剤を使っています。

しっとりと保湿力があるので、夕方まで乾燥しませんし、
さらっとした液体なのでべたつきもありません。

また、ラベンダーのやさしい香りが癒してくれます。


毎日の日焼け止めにぜひ取り入れてください。

【ナチュラグラッセ】夏を乗り切るUVケア♪

2019.04.19 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする

ビタミンC誘導体は毛穴をキュッと引き締める!

190417.jpg

スキンケアを選ぶ時に、入っていて欲しい成分の1つに、
ビタミンC誘導体があります。

でも、ビタミンC誘導体ならなんでもいいわけではありません。

私がおすすめしている美容液のソワンにも、
ビタミンC誘導体が配合されていて、
現在も毛穴のケアをしているところです。



ビタミンC誘導体の役割


ビタミンC誘導体といっても、多くの種類があるのですが、
スキンケアに使われているものでは主に3つがあげられます。

・水溶性ビタミンC誘導体
・油溶性ビタミンC誘導体
・新型ビタミンC誘導体(APPS)

水溶性ビタミンC誘導体の特徴は、肌に浸透しやすく即効性がありますが、
持続力がないので、6〜8時間くらいしかもちません。

油溶性ビタミンC誘導体の特徴は、肌に浸透する時間は長いのですが、
持続力があります。

新型ビタミンC誘導体の特徴は、肌に浸透しやすく持続力もありますが、
安定性が低くて劣化しやすいです。

190228.jpg

ソワンには、3-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンCエチル)という
水溶性のビタミンC誘導体が配合されています。

上記に、水溶性のビタミンC誘導体は持続力がないと書きましたが、
3-O-エチルアスコルビン酸は、浸透性と即効性があるだけではなく、
72時間もの高い持続力と安定性まであるビタミンC誘導体なのです!!

今までは、ビタミンC誘導体ならなんでもいいと思っていましたが、
3-O-エチルアスコルビンが配合されたスキンケアなら、
効果的に開いた毛穴のケアができますね。



毛穴ケア美容液といえば、BIRAI ソワン


1901252 22.52.11.jpg

鏡を見るのがつらい毛穴の開き、加齢による毛穴のたるみには、
NF-kBという遺伝子が関わっています。

NF-kBが刺激やストレスで活性化すると、
肌の老化やトラブルを引き起こしてしまうのですが、
ソワンに配合されているシナロピクリンには、
NF-kBの活性化を抑えて肌を整えてくれる働きがあります。


そして、3-O-エチルアスコルビン酸とうビタミンC誘導体が、
シミやくすみの予防、美白、アンチエイジング、
ニキビやニキビ跡のケア、黒ずみや開いた毛穴のケア、
コラーゲンの生成を促進してキメとハリのある肌を作る、
といったことが期待できます。


また、プラセンタエキスが肌のサイクルと
皮脂量をコントーロールしてくれます。


ソワンの公式サイトはこちらです。






まとめ


ソワンには、スーッと肌に浸透してすぐにパワーを発揮しつつ、
72時間も持続するビタミンC誘導体と、NF-kBの活性化を
抑えてくれるシナロピクリンが配合されています。

毛穴に悩んでいる方は、すぐにでもソワンを使ってください。


三大毛穴トラブル「開き」「黒ずみ」「角栓」専用美容液
ソワンの購入は↑こちらです。

2019.04.18 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする

ファンケル マイルドクレンジングオイルでブツブツの肌荒れが!?

以前、ファンケル マイルドクレンジングオイルを使ったら
肌にブツブツができたので、その時の感想を書いておきます。





ファンケル マイルドクレンジングオイルで肌荒れ


私はクレンジングがなかなか肌に合わなくて、
クレンジングジプシーしています。

ファンケル マイルドクレンジングオイルを選んだ理由は、
@コスメでクレンジングのランキングが高かったこと、
口コミが良かったこと、5つの無添加があったことです。

私は濃いメイクはあまりしないし、
シリコンの入った化粧品も使わないので、
メイクの汚れはすぐに落ちました。

でも、ヌルヌル感が残ってなかなか落ちませんでした。


そして、翌日顔を見てみたら、ブツブツが!Σ(゚д゚lll)


他のクレンジングでもここまで荒れたことがなかったので
かなりびっくりしました。

そんなわけで、ファンケル マイルドクレンジングオイルは、
1回使っただけで使用中止になりましたが、
肌荒れのブツブツはわりとすぐに治ったので良かったです。

口コミが良いので、多くの人には肌に合うのだと思いますが、
評価の低いレビューを見ていると、私以外にもブツブツの
肌荒れを起こした人というコメントが何件かありました。



ファンケル マイルドクレンジングオイルの解析


スキンケアの解析サイトをみてみると、
肌に浸透して皮脂を過剰に奪いすぎるところがあるのと、
クレンジングがやさしいのではなく、
なめらかになる成分が添加されていると書かれていました。

クレンジングはスキンケアの中でも1番肌への負担が
大きいものなので、パッチテストをしなければいけませんね。

一応、参考になればと思って書いてみました。



おすすめのクレンジング


私が現在使っているのは、
HALENA オーガニックホットクレンジングジェルです。

このクレンジングを選んだ理由は、
100%天然由来で作られたオーガニックの成分であること、

香料、合成色素、鉱物油、石油系界面活性剤、
紫外線吸収剤、パラベン、エタノール、シリコン、
フェノキシエタノールが不使用なこと、

ベビースキンケアのALOBABYと共同開発していて、
赤ちゃんにも使えるくらいやさしいと書かれていたことです。

新しいクレンジングを使うときは不安になりますが、
やさしい商品であることに惹かれて購入しました。


結果、とても気に入っています!


ホットクレンジングジェルなので、顔に塗るとぽかぽか温かくなり、
こすらなくても、黒ずみ、角栓、ざらつき、メイクを落としてくれます。

また、ダブル洗顔不要なので肌への負担が少ないですし、
99%が美容液なので、洗顔後の肌はしっとりつるつるです。







まとめ


クレンジングで肌荒れを起こす人は多いそうです。

私もそうですが、敏感肌やニキビで悩んでいる方は
なるべく肌に刺激にならない成分で作られた
クレンジングを選びたいですね。


【HALENA オーガニックホットクレンジングジェル】

2019.04.17 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます