毛穴の悩みを解放するブログ

スキンケアランキング♪

190624.jpg

ラインで使って良かったスキンケアの順位です。
忘れないようにメモしておきます。
今後、使用するアイテムが増えていくたびに
変動すると思います。



1位


アテニア ドレスリフト ローション
エイジングケアライン




2位


ETVOS(エトヴォス)
敏感肌・乾燥肌向けスキンケア
モイスチャーラインお試しセット






3位


オルビスユー
インナー保湿活性エイジングケア




2019.06.24 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする

美白は肌への負担が大きい?シミを作らない方法は?

190131.jpg

日焼けをすれば、
メラニンが大量に作られます。

そして、加齢、刺激、ストレス、乾燥で
肌のターンオーバーが遅くなると、
メラニンが蓄積されて色素が沈着します。

メラニンが排出されないまま、
さらに紫外線を浴びると
メラニンが溜まり続けて
シミとなります。

そんなシミを消すには、
美白効果のあるスキンケアを
使用すると思うのですが、
美白は肌への負担が大きいです。



美白は肌への負担が大きい?シミを作らない方法は?


美白効果のあるスキンケアを使っても、
元の色より肌を白くすることはできません。

美白化粧品というのは、
肌を白くするためのものではなく、
メラニンの生成を抑えて、
シミを防ぐためのものです。


美白で使用される成分には、
ハイドロキノン、アルブチン、レチノール、
ビタミンC、コウジ酸などがありますが、
中でも、ハイドロキノンは
肌への刺激がかなり強いです。

ハイドロキノンはメラニンを減らして、
そばかす、シミ、ニキビ跡を
軽減してくれるのですが、
刺激が強いので、
かゆみや乾燥を招くこともあります。


ところで、メラニンは
皮膚に悪いものではなく、
紫外線から皮膚の細胞を守るために
作られます。

美白は、そんな肌の正常な
機能を妨げるものなので、
肌にとっては好ましくないもの
ともいえます。


なかなか消せないシミを
美白効果のあるスキンケアで
ケアするよりも、
毎日、日焼け止めを使用して、
シミができるのを防止したほうが
安全です。

【ナチュラグラッセ】夏を乗り切るUVケア♪


また、ターンオーバーを正常にすれば、
メラニンが排出されるので、
正しいスキンケアを行いましょう。

2019.06.23 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする

化粧は肌に悪いと言うけど化粧をしないと肌は休まるの?

190308.jpg

化粧は肌に負担になるから
休日は肌を休めるために化粧をしない。

私も以前はそう考えていました。

でも、すっぴんでいることが、
本当に肌を休めることに
なるのでしょうか?



化粧は肌に悪いと言うけど化粧をしないと肌は休まるの?


肌のトラブルになる原因は
いっぱいあります。

まず、紫外線対策をしないと、
光老化で肌が早く老化します。

年齢を重ねて行くことが
老化だと思いがちですが、
紫外線が肌の奥に届くと、
細胞が壊れたりメラニンが増えて、
目や口周辺にシワ、
シミが現れてきます。

肌の老化の8割は光老化と
言われているくらいなので、
毎日の日焼け止めは必須です。


また、紫外線だけではなく、
ホコリ、花粉、化学物質など、
外部の刺激から肌を守るために、
ファンデーションも併用します。

休日は、ポイントメイクまで
しっかりやる必要はないですが、
保湿、日焼け止め、ファンデは
塗ったほうがいいと思います。


化粧品自体が肌への負担になるかといえば、
多くの化学物質が使われているので、
負担の大きな商品もあると思います。

それに、強力なクレンジングは、
バリア機能を壊して、
肌を乾燥させてしまうため、
肌の負担になります。



おすすめはパウダーファンデーション!!


190308.jpg

私は、リキッドファンデや
クリームファンデに比べて、
油分が少ないことや、
シリコンが入ってないことから、
パウダーファンデーションを
使っています。

シリコンが入っているものは、
毛穴を詰まらせますし、
なかなか落とすことができないので、
強力なクレンジングが必要になり、
肌への負担が大きくなります。

パウダーファンデーションは、
洗顔だけで簡単に落とすことができて、
肌への負担が少ないですし、
紫外線を乱反射させる効果があるので、
短時間であれば、日焼け止めにもなります。


10minのパウダーファンデ↓↓
10min



休日はめんどくさいこともあって、
ノーメイクで過ごしたいところですが、
何も塗っていない状態の肌は無防備です。

室内にいても紫外線は入ってくるので、
紫外線対策をして、光老化から肌を守りましょう。

化粧品は、肌への負担になる成分も多いので、
成分を確認してから使ってください。

2019.06.22 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする

ナチュラルアクアジェルで唇の角質除去!うるおったプルプルの唇へ

190307.jpg

今日は、唇のケアについてです。

肌は角質層や皮脂腺から出る
皮脂によって水分の蒸発を防ぎますが、
唇は角質層が薄いのと、
皮脂腺や汗腺がないために
乾燥しやすくなっています。

なので、唇は荒れやすいですが、
じつは、短期間で改善できる
部分でもあります。



唇がダメージをうける原因について


唇がダメージを受ける原因には、
次のようなことがあります。

・紫外線
・口紅をしっかり落としていない
・乾燥
・刺激


・紫外線

唇はメラノサイトが
ほとんど存在していないので、
紫外線のダメージを
直接受けやすい部分です。

顔よりも日焼けしやすく、
乾燥やシミの原因になります。

紫外線対策ができるように、
UVカット効果のある
口紅やリップを選びましょう。

また、口紅に「タール色素」
という成分が含まれていると、
紫外線がメラニンを生成して
肌に沈着させてしまうので、
購入する際は確認してください。


・口紅をしっかり落としていない

口紅の汚れを残したまま、
翌日に新たに口紅を塗る
ということを繰り返すと、
乾燥や色素沈着の原因になります。

落ちにくい口紅、マットな口紅、
グロス、古い製品の使用にも
注意してください。

落ちにくい口紅は、
強力なクレンジングが必要になるので、
唇に負担を与えます。

マットな口紅は、
油分が少ないので乾燥しやすく、
グロスはうるおっているように見えて、
口紅よりも唇の水分を
蒸発させる性質があります。

夜はやさしくしっかり、
クレンジングをしましょう。


・乾燥

唇は角質層が薄いのと、
皮膚の水分を守る皮脂腺や
汗腺がないため乾燥しやすいです。

口紅の下地にリップクリームを塗って、
紫外線、乾燥から唇を保護します。

普通のリップクリームは、
唇が荒れないように予防するものなので、
今すでに荒れてガサガサになっている唇には、
薬用のリップクリームを使ってください。


・刺激

口紅を落とす時に
ゴシゴシ洗ってはいけません。

唇を舐めたり、刺激のある食べ物、
食事の際に強く口を拭くことも、
刺激となって唇の負担になります。



唇の角質除去!うるおったプルプルの唇へ


皮膚が薄い唇は紫外線やメイクで
ダメージを受けやすいです。

そこで、唇のケアとして、
古い角質を除去しましょう。

古い角質は乾燥とくすみの
原因になります。

唇ケアを習慣にすれば、
うるおったプルプルの唇が
短期間で目指せます。


なぜなら、肌のターンオーバーは
20代で28日周期ですが、
唇のターンオーバーは
他の皮膚と周期が違って、
7日くらいだからです。

リップスクラブには、
いろいろな商品がありますが、
私は顔や全身に使える、
ナチュラルアクアジェル Cureを
おすすめします。

1902031.png

ナチュラルアクアジェル Cureは、
成分の90%が水ベースです。

ピーリングのように剥がすのではなく、
くるくるマッサージして、
やさしく角質を取り除くのですが、
必要以上に角質を取らないため、
肌に負担になりにくいです。

それと、顔だけではなく
全身にも使えるため、
一緒に使用できて便利なことが、
おすすめする理由です!!


うるおったプルプルの唇が目指せる
ナチュラルアクアジェル Cureの公式サイト↓↓





唇のダメージは、
ターンオーバーの周期が早いので
短期間で改善しやすいです。

しっかりケアをすれば、
唇の荒れも治しやすく、
きれいでぷるぷるの唇が目指せます!

NaturalAquaGel

2019.06.20 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする

敏感肌でも使えるアラントインはニキビ跡に効果があるの?

190306.jpg

アラントインは、
ヒレハリソウ(コンフリー)の
根に含まれている成分で、
肌荒れやニキビに効果があります。

すべての肌タイプに使用できますが、
敏感肌用のスキンケアに
多く使用されています。

以前は、アラントインが
カタツムリの粘液に
含まれているということで、
カタツムリクリームが話題でした。



敏感肌でも使えるアラントインはニキビ跡に効果があるの?


アラントインは肌との相性が良く、
安全、無臭、無毒性でありながら、
複数の特性を持っています。

その特性というのが、

・抗炎症作用、抗刺激作用

ニキビ、キズ、ヤケド、
湿疹の炎症を抑えて
肌を落ち着かせてくれます。


・修復作用

ターンオーバーの働きを助けて
ニキビを予防したり、
細胞の再生を促して吸水性を高める作用、
細胞の増殖と再生を促してキズを治す作用、
肌をやわらかくして回復力を
上げる作用があります。


・抗アレルギー作用

アレルゲンを予防してくれます。


私にとっての最大のポイントは、
アラントインがニキビ跡を
治すということです。

ニキビ薬で有名なグリチルリチン酸は、
キズを治してくれますが、
アラントインはキズを治すだけではなく、
細胞を増殖させて再生させるので、
肌が均一になって、
ニキビ跡が消える可能性が高くなります。



結論:敏感肌でも使えるアラントインはニキビ跡に効果がある!?


1903041.jpg

私と同じく、ニキビやニキビ跡で
お悩みの方には、アラントイン配合の
アビモイストリペアをおすすめします。

アビモイストリペアは、
敏感肌、アトピー、乾燥、赤み、かゆみなど、
スキンケアさえ刺激になる肌トラブルにも
使えるドクターズコスメです。

私のニキビ跡も薄くなってきています。


ニキビ跡に効果があるアラントイン配合のクリーム
アビモイストリペアの公式サイト↓↓





アラントインは、炎症を落ち着かせ、
キズを治し、肌にうるおいを与え、
ターンオーバーの働きを助けてくれるので、
敏感肌のための美肌作りに最適だと思います。

モイストリペアの購入

2019.06.19 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます